ブログ~和スタッフからのNEWS~

彼岸花を探して

2018.09.24 歩こう会





9月を彩るお花といえば、彼岸花(曼珠沙華)があります。


真っ赤な火花のような花が、田んぼのあぜ道に点々と咲く姿を誰も一度は目にしたことがあるかと思います。



すっかり秋ですね
小さい秋見つけにでかけました。





さぁ、早速見学に出掛けましょう。車内でピース(*^^)v





こちらも車内で、ハイチーズ。






皆さま、とびっきりの笑顔でにっこりこ

車窓から彼岸花を見つけられると、あっ右、左と歓声の声が









ここは那珂川町南畑地区

緑に真っ赤が映えますね


見事な赤と緑のコントラスト

情熱の赤~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦








ほらほら、見て見て~

こっちも、あっちも 彼岸花♪♪

秋真っ只中、堪能中ですね








いつもご一緒で、本当に仲がよいYさん御夫妻です。

心地よい秋風を楽しんでおられました。









小さい秋、小さい秋、小さい秋みつけた~♪






後ろの緑は、早くも稲刈りした稲から、出た若葉です。

凄い生命力ですね。


















今回訪れたのは早良区脇山地区






場所によっては、まだ稲刈りが終わってない所もありますね。

新米が待ち遠しいです♪






あら~撮ってたのね~

可憐な彼岸花を手にされてるI様






こちらは、ピンクのお洋服がよくお似合いのS様

真紅の花を背景にパチリwink







田んぼに立っている白い生き物は!?

何と白鷺なんです。

決して作り物ではありませんよ。(笑)

見事に横一列にならんでいたので、思わずシャッターをきりました。








彼岸花、何故、田のあぜ道に咲いているのでしょうか!?

綺麗だからっと、和のスタッフの声が

うーん、それもあるかも知れませんが、昔はモグラがせっかく作ってる畦を壊すので

彼岸花の根には、毒があり、それをモグラが嫌って、近づかなくなるという説があるそうです。









こちらも仲良しS様御夫妻です。







今回の外出では、皆さまのとびっきりの笑顔を拝見しました。

しっかりと、短期間しか咲かない彼岸花を堪能されました。

来年も是非見事に咲いてくれるであろうと期待して、見学にまいりましょう

食欲の秋~の古谷でした。





三橋美智也メモリアルコンサートに行く

2018.09.19 歩こう会






突然のことで驚いたのですが

ある日和に三橋美智也メモリアルコンサート事務局の方より

9月19日に福岡市民会館にて三橋美智也さんの二十三回忌追善コンサートが開催されるので

ご利用者様をご招待させていただきたいとご連絡をいただきました










有名な歌手の方々が出演されるコンサート

本当に無料で?と最初は半信半疑な気持ちでお話をうかがっていましたが

慈善活動の一環としてお声をかけさせていただいています…とのこと

ありがたくご厚意に甘えることにしました









さてコンサート当日

同法人のグランドG-1デイサービスをご利用の方々と共にいざ出陣!!


皆さま音楽がお好きな方ばかり

心はウキウキ弾みます♪










昭和歌謡のキングと名高い三橋美智也さん

昭和30年 出世作「おんな船頭唄」をはじめ

「リンゴ村から」「哀愁列車」「達者でナ」「古城」などの歌謡曲

さらに「相場盆唄」「花笠音頭」といった民謡を合わせ

ミリオンセラーは日本最高の32


前人未到のレコード売り上げ1億600万枚の金字塔を立てたそうです

民謡で鍛えた張りのある高音・美声 巧みな節回しで全国に「しびれる~」という

流行語も生みだしました










昭和30年代の日本の歌謡界黄金期をリードし

特に全盛期の昭和30年代前半は「三橋で明けて三橋で暮れる」と言われるほどの

絶大な人気を博したそうです





当日出演された方々はコチラ↓








コンサートは2部構成になっており

第1部は出演者の方々のヒットパレード

第2部は三橋美智也ヒット曲集

と盛り沢山な内容となっていました




出演者の方々は三橋美智也さんと何らかの御縁があったり影響を受けられたり

三橋美智也さんとのエピソードを思い出深く語っておられました

私の世代ではあまり馴染みのない方ではありますが

歌手としても人としても尊敬でき

そして気さくな方だったと聞き身近に感じることができました
  


第1部

堀内孝雄さんは「愛しき日々」「恋歌綴り」

小林幸子さんは「おもいで酒」「雪椿」

橋幸夫さんは「恋のメキシカン・ロック」「サンシャイン」など

往年のヒット曲を披露されました




コンサートの模様を写真でお伝えできないのが非常に残念です…




さて第2部に向けて一旦休憩

会場のロビーで幕の内弁当に舌鼓



















第2部

三橋美智也さんのヒット曲を出演者の方々が熱唱

「星屑の町」「リンゴ村から」「達者でナ」「古城」「哀愁列車」「おんな船頭唄」

「夕焼けとんび」「母恋吹雪」「怪傑ハリマオ」「炭坑節」

どの曲もご利用者様の青春時代を彷彿とさせる名曲ばかり

皆さん瞳をキラキラさせて一緒に口ずさみ

あの頃は…と思いを馳せていらっしゃるようでした




出演者の方々のトークもウイットに富み

なかには観覧席で客席の皆さんと握手して下さる方もいて大興奮!

会場は大いに盛り上がりました



それにしてもやっぱり生歌は違う!!!

歌手が歌手たる所以がそこにはありました

聞き惚れるというのはこういうことをいうんだなと実感しました







…さて楽しい時間はあっという間

夢見心地なままコンサート会場を後にしました












心に沁みる歌 

若かりし甘酸っぱい青春時代を思い出させる懐かしい歌







帰りの車の中では歌にまつわる皆さんの思い出話を沢山お聞きすることができました

歌って本当にいいものですね!!







最後に今回のコンサートにお誘い下さった事務局の方々

素敵な時間をありがとうございました






放生会に行こう

2018.09.18 歩こう会



やって来ました。場所は『箱崎宮』。当日は厚い雲が広がり雨がポツポツ☂外出を見送ろうかと

思っていた矢先に晴れ間が・・・これは、行くっしょ!! 途中、雨が大振りになる(笑)

ハプニングもありましたが、目的地に到着するとお天気が味方してくれました♡  

さぁ~皆さんと本日のお祭りを楽しみましょう~!!




賑わう境内に、ウキウキしちゃいますよね(((o(*゚▽゚*)o)))




健康である事に感謝!そして、これからも笑顔で過ごせますように!

私たちも寄り添う事ができますように☆彡




『放生会おはじき』毎年、テーマを変えて制作され、悪災を ” はじく ” 縁起物!!





参道にはお化け屋敷や射的、ヨーヨー釣り、新しょうが等の露店が軒を連ねて大変な賑わいの中、

和の買い物上手、Oさんに生姜を購入して頂きました。『チョット!兄さん。この生姜、

おいくら万円?¥2000円?はぁぁ!!高い高い。(ヾノ・∀・`)ムリムリ、うちは三年連続で

ここで生姜を購入しているのよ♡これで¥1500?』・・・・・『そうよね~!また、来年も

お邪魔しますからね。』       500円値引きして頂きました。







格安で新しょうがを購入した一行!露天で『たこやき』を堪能しました。





あっつ熱の『たこ焼き』は、大きいタコが入っていて美味しかったですね。ネギタコ、

和風タコを頂きました。





9/12~18の放生会の期間中は参道一帯に数百軒の露店が立ち並ぶ、九州随一の秋のお祭り。

期間中はのべ100万人が訪れるそうです。




自称・イタリア人が恋占い!!さて、おみくじの結果は?中途半端な中吉(∀`*)ゞイヤァーん

縁談、心に正直に。願望、いずれかなう。・・愛は少しづつ育つようです!

『あらぁ~まだ、結婚したいと?』   私はもう、恋はよかぁ~(笑)




楼門から拝殿へ!本殿で参拝!!




本殿内にある展示場も拝見いたしました。

秋祭りの放生会で売られる名物の『チャンポン』は江戸時代末期に流行したおもちゃで、

柄の先端から息を吹きかけると奇妙な(メ・ん・)?音がします。
















イベント会場の一コマ。 昔なつかしの懐メロを観賞しながら、チョイと一息!



本日のおやつは、露天で購入した『梅が枝餅』甘くて、お餅が軟らかい、そして焼きたて!!

ああぁぁ~!!美味い!





今日は、賑やかな参道を長い時間歩きました。とても楽しんで散策されました。







いつも、仲良しのYさん御夫婦♡奥様の癒しの笑顔で、ご主人も笑顔♡安心感を有難うF99A



あれも、これも!買いたい物が沢山あって、、あっ!食べたい物が沢山あって、

目が回りそうでした。





こっそりと、りんご飴を買った方は誰でしょう?













春の『どんたく』、夏の『博多祇園山笠』、秋の『放生会』と博多三大祭りの一つ

『万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する』、放生会というお祭り!


最終日には、放生納めを観ることが出来ました。お天気にも恵まれ、露店道を散策しながらの

おしゃべりも一杯しましたね。今日は皆さんの笑顔が多く見ることが出来て最高な一日でした。

(*´v`*)ありがとうございました。


担当:鈴木



奴国の丘歴史博物館へ行く

2018.09.07 歩こう会



今回の歩こう会は春日市にある弥生時代の遺跡を中心とした奴国の丘歴史資料館に行きました。



館内にある資料を,じっくりと拝見!

『はぁ~!これは、勾玉やね。』『綺麗な飾り!』と、熱心にみておられました。




遺跡以外にも展示されていたのは、昭和初期の農具を中心とした民族資料!!

幼い頃の見覚えのある展示品を見て、当時の様子や幼い頃の思い出が蘇り『懐かしいね~』

『家にあった』等と、家電品や農具の使い方まで色々とお話して下さいました。




ここに来たのは初めてです。こんなに色々な資料があるなんて、連れてきてもらって

有難いと感激しきりのMさん!!こんなに喜んで下さって・・・・(*´v`*)嬉しい




歴史資料館の中心は何と言っても考古資料を集めた常設資料!一つ一つ丁寧に見学されて

いました。





瓷棺のレプリカのパズル!!何事にも真面目に、そして丁寧なMさんが挑戦。

『え~っと・・・・ここにコレ、ここは・・・・・!?・・・・・(ノ-_-)ノ~┻━┻  』




館内にある展示品の見学を終えて少し歩き疲れたご様子でしたが、弥生時代の貴重な遺跡を

拝見する事が出来て大変喜んでおられました。また、幼い頃に見た事のある昭和初期の生活用具に、

当時の暮らしの不便さや苦労を振り返り、今の幸せに感謝されていました。歩こう会に参加する事で

色んな刺激と運動ができました。皆さま。お疲れさまでした。また、一緒に歩きましょう♡

担当 鈴木





お櫛田さん、参拝

2018.08.18 歩こう会



お櫛田さんで知られてる櫛田神社を散策されました。




鳥居の前で一礼




いい飲みっぷり!と言いたいですが?手水舎でお清めお願いします。



あなたも清めませんか? はい、どうぞ。




カメラ目線。パチリ!




皆さん、参拝です。二礼二拍一礼。 お願いも忘れず。







ブログトップへ

カテゴリ
アーカイブ