ブログ~和スタッフからのNEWS~

福岡市埋蔵文化財センターへ行く

2014.11.02 日曜営業

本日は福岡市埋蔵文化財センターへ行きました

古くから対外交渉の門戸で栄えた福岡市には

1000箇所あまりの遺跡が所在しています

福岡埋蔵文化財センターは発掘調査で出土した遺物や記録類を

体系的に収蔵・管理し、

多くの市民に活用していただくため一般公開しています













展示されている出土品は縄文期から

弥生期に集中しており

学芸員の方からわかりやすく

説明を伺います



これらの物を通し

私たちの遠いご先祖様が

どのような生活をしていたのか

少しだけ、垣間見えたような気がします







また、土器の文様作りの

体験もさせてもらいました



縄を使って縄文土器の文様を作成します



ローラーで平にします



こちらは貝殻で文様を彫られます



すごく勉強になった本日の日曜外出でした

雨の日曜日

2014.10.05 日曜営業





道の駅吉野ヶ里「さざんか千坊館」へ行く

2014.09.14 日曜営業

那珂川流域に広がる那珂川町の田園地帯では

稲穂が黄色く色づき、首をもたげ出し、

いよいよ稲刈りの季節に入ろうとしています

そしてあちこちに真っ赤に染まる曼珠沙華の花も

見られるようになりました



本日の日曜外出行事は

那珂川の源流を作る標高1000mの背振山を越えたところにある

道の駅吉野ヶ里「さざんか千坊館」へ向かいます

吉野ヶ里と言ったら弥生時代の環濠集落の遺跡で有名な

佐賀県の吉野ヶ里です

脊振山を越えると、そこはもう佐賀県なのです



道の駅は佐賀県側の脊振山の中腹に建てられており

展望抜群です

本日は素晴らしい秋晴れの天気に恵まれていて

佐賀平野の向こう

有明海を挟んで島原半島に屹立する雲仙岳まで望むことができました



まずは記念撮影!



吹き抜ける秋風も気持ちよく

ちゅるりら、ちゅるりら~♪ってな感じです



展望を楽しんだら、次はこれ!



脊振山の水なんですが

なんといってもこの道の駅の最大の売りがこの水なんです

私も個人的によく汲みにくるのですが

ここの水の素晴らしい点は

どこの名水と言われるところより

なかなか腐りにくいのです

名水マニアじゃないので詳しいことはわかりませんが

ここの水は一ヶ月はもってくれます

それだけ良質の水なんでしょうね



さっそくみんなでガブガブ、飲みました



そしていよいよ、買い物タイムです!

店内に突入します!

吉野ヶ里町を中心とする特産物が並んでいます



おやおやミカンも出ていました

いつのまにか、こんな季節なんですね



パン屋さんも入っています

森のパン屋「せふりの」というパン屋さんなのですが

当店人気ナンバー1のパンがこれ!

パン ド カンパーニュ

原材料はフランス産の小麦と、

地元佐賀平野のシロガネ小麦をブレンドして作られているのですが

なんといってもその大きさ!

子供の頭ぐらいあってびっくりします



皆様、ニコニコ顔で買い物を楽しまれています



お肉を焼く香ばしい匂いに釣られて表に出てみたら

焼き鳥屋さんの出店がありました



佐賀県三瀬の三瀬鶏です



お孫さんにお土産と言われ買われていましたが

はたして、どうなんでしょうね(笑)



ついでにイカ焼きも買われていましたが

絶対、家に帰って、ご自分で食べるんだろうなあと思われました(笑)



まあ、そんなこんなで今日の和が終わりました


帰り際、カトリーヌ・さやか先生が久しぶりに漫画を描いて下さりました

今回のテーマは「イケメン」です

イケメン大好きカトリーヌさやか先生が描かれたのは

さやか先生憧れの本部長でした!

イケメンにこだわり続けて30年!

座右の銘は「イケメンであらずんば、人であらず」だそうです



ちなみにこの、わけのわからない人はイクメンです







五ヶ山豆腐へ行く

2014.08.31 日曜営業

本日のわくわく健康体操教室はタオル体操でした



今日も皆様、元気に体が動かれていました



なんといっても今日は久しぶりの外出行事の日です

そのためにもみんなが揃って、

健康であらねばいけないのです!



みんなで励まし合って、体を動かします!



スタッフもどさくさに紛れて

シェイプアップのつもりで体を動かしています

一番、真剣なのは職員Mさんかもしれません



さて昼ごはんが終わり、いよいよ外出です!

日曜メンバーのお気に入りの五ヶ山豆腐店へ行きます



脊振山中の新鮮な湧水で作られたお豆腐は

皆様の大好物!

色んな種類の豆腐があります



購入前にまずは試食

これがなんといっても楽しみです

更に、五ヶ山特製の醤油をつけると

美味しさはグレードアップ!

ここでしか購入できないので

定期的に醤油を買いに来られるお客さんも多数おられます



タダといえば、オクラが無料でいただけます



ご家族樣にたのまれたとかで、袋にたくさん詰めておられました



こちらの方も、ご家族に頼まれたのでしょうか?

「これを買ってきてね」といわれたとかで

サンプルの袋をもってこられていました

「ごぼうせんべい」というものです

日曜メンバーは何十回も五ヶ山豆腐店にいかれているので

買われるものもマニアックな域に達しておられるのです



今回も大量購入!

そうして山を降りていきました



早くも脊振の山は、初秋の風が吹いていました



☆本日のお昼ご飯☆




板付遺跡へ行く

2014.06.15 日曜営業

今日のわくわく健康体操教室は

松尾芭蕉の「おくのほそ道」を音読しました



月日は百代の過客にして

行きかふ年も又旅人也、

で始まるおくのほそ道

皆で声を合わせ音読します



今日の担当は昨日の「くねくね体操」の職員Mさん

恐ろしく漢字が読めなくて

利用者様から笑われ、漢字の読みまで教わる始末、

しかし職員がこんな風だから、かえって場がもりあがるのは不思議です



わくわく健康体操が終わると次はお昼ご飯

今日のメインは、ちらし寿司とにゅう麺です

今日のお昼ご飯はボリューム満点でした



食事が終わると明日の昼ごはんに、

ほうれん草を使うからと厨房に言われ

何人かで、なごみ農園のほうれん草を収穫しに出かけました



次から次へとむしり採り

こんなにたくさん、ほうれん草を収穫しました

明日のお昼ご飯が楽しみですね

と言われても、このお二人は明日は利用日ではないので食べれません 

残念です!というより働くだけ働かされて口に入らないなんて

虚しすぎます

しかしカメラを向けたら一瞬にしてこの笑顔!

役者ですね~



さてそんなこんなで昼からのレクに突入します

レクと言っても今日は日曜日

日曜日と言ったら、あるこう会と決まっています

今日の行先は「板付遺跡」

日本最古の弥生時代の環濠集落であり

日本で最も早く稲作をおこなった場所として

小学生の社会の教科書にも載ってるぐらい有名な遺跡なのです



これが日本最古の水田です



今日でも稲を植えているそうです

ぼちぼち田植えをおこなうとかで田を耕しておられました



そしてこれが、水田跡から発見された弥生人の足跡らしいのです

自分の足と重ねてみたのですがめちゃくちゃ小さいです

それにしても1800年ほどの時間を経て

自分のなにげなくついた足跡が、

公衆の前でたいそうな形で展示されていようとは

足跡の主が知ったら、さぞ大笑いされるでしょうね



さらに驚いたのは弥生人の平均寿命が30歳であったということです

この数値は15歳以上生き延びた者の平均値で

15歳まで、生きることができなかった者をいれると

さらに低い数値となってしまうのですが

とにもかくにも、あまりにも短い一生です

いったいどのような人生を送っていたんでしょうね

そんなことを考えると

何気なく展示されている弥生土器に対しても

土器を作成した弥生人の手の温もりが伝わってくるようで

なんだかちょっと感慨深い思いに駆られてくるのでした



三十年という短い人生しか送れなかった弥生人

彼らが一生懸命に生きた証が

この板付遺跡にはいっぱい、詰まっていました

今日の松尾芭蕉の音読ではないのですが

まさに月日は百代の過客にして

行きかふ年も又旅人なのかもしれません



※近々、板付遺跡ではこんなイベントがあるそうです




ブログトップへ

カテゴリ
アーカイブ