ブログ~和スタッフからのNEWS~

いきいきリトミック教室♬

2017.10.13 リトミック・音楽教室



富崎先生の洋服が秋色できれいです♡



頭の体操から始まりますが皆さんついてきてますか?
皆さんなんとなく笑いでごまかしてる気が(;^ω^)



今回は写真が少ないので、あまりご紹介ができませんが、皆さんの楽しそうな
雰囲気をお楽しみください!



皆さん先生の動きに必死についていこうと頑張ってます!
音楽に合わせて体を動かすってとってもいいです♪



富崎先生のトークもまた面白い(≧▽≦)
ブログを見てるかた!いつでも見学に来て下さいね♪
音楽教室の日程は和にお電話ください~!



紹介:リトル音楽教室  富崎 美保先生
リトル音楽教室はコチラをクリック↓

http://www.littlemusic-class.com/


いきいきリトミック教室♬

2017.08.22 リトミック・音楽教室



8月のいきいきリトミック教室が始まりましたぁ♪夏真っ盛りということで、夏にちなんだ歌のパレード(^^♪




今回も歌を歌い♬声を出しながら体をしっかり動かしていきます!
指の体操では写真を見ていただけたらわかるように、笑ってしまう方や集中している方とさまざまです!

 
 

夏になると海に行く方も多いと思いますが、皆さんは「浜辺」の思い出はありますか?



浜辺にいると、唄の歌詞のように風を感じたり、波の音に癒されたり、夜空をみて月や星がキレイと感動したり、思い出がフラッシュバックすることも!

 
 

唄を歌うことで皆さんの表情はほがらかに♪



歌って元気に!皆さん暑さに負けるなぁ~(@^^)/~~~




紹介:リトル音楽教室  富崎 美保先生
リトル音楽教室はコチラをクリック↓

http://www.littlemusic-class.com/


生きいきリトミック教室♪

2017.06.30 リトミック・音楽教室



今日はリトル音楽教室の富崎 美保先生がお越しくださいました♪
音楽に合わせて、口の運動、頭の体操や体を動かすことで、皆さんが
生きいきされます(^o^)/




まずは先生と一緒に声を出しながらの指折り体操!皆さん指折りに集中して
あまり声が出ていないようですが、指折りで「あら、あれ」と声が・・・タイミングが
ずれて皆さんから笑いが(^▽^)アッハッーハー




続いては、声を出すことを目的に「青い山脈、瀬戸の花嫁」を皆さんと合唱♪
瀬戸の花嫁の合唱中、Tさんが涙を・・・「嫁に来たときのことを思い出したの」


 

「雨ふりお月さん」では歌いながら両手、足を使って三拍子♪タン・タン・タン♪
これがまた難しいんですよね(^^;)




皆さん必死に頑張りましたよ!!



間もなく7月ということで、富崎先生に短冊を書いていただきました!
和への愛情感じる願い事♡ありがとうございます♪




紹介:リトル音楽教室  富崎 美保先生
リトル音楽教室はコチラをクリック→
http://www.littlemusic-class.com/

春を歌う~楽しいことがおこりそうな予感がします~

2017.03.17 リトミック・音楽教室



三月のリトミック音楽教室が本日、開かれました

三月といえば、いよいよ春本番といったわけで、

歌われる歌は、もちろん春の歌のオンパレード!



軽快なリズムに乗って

今回も大いに体を動かしていきます



心も踊ります



なんてったって、もうすぐ春だからです



なにか楽しいことでも、おこりそうな予感がしませんか?



ワクワクドキドキしながら

春を、待つ



いやいや、もう待ってはいられませんよね



春よ、来い

早く、来い









デュオニソス的なもの

2017.02.16 リトミック・音楽教室



本日は待ちに待ったリトミック音楽教室の日です



今日もピアノのメロディーに合わせ楽しく愉快に体を動かしましょう!



なんてったって音楽大好きの皆さまです

なんてことのない体操だって、音楽が入ると、

ほら!こんなにリズミカルに体が動いちゃいます!



超人思想で有名な哲学者ニーチェは

ギリシャ神話になぞって、芸術をデュオニソス的、アポロ的なものに分類し

音楽をデュオニソスの代表格にあげています



デュオニソスとはギリシャ神話に登場する豊穣と葡萄酒と酩酊の神様で

オリンポス十二神の一柱に数えられています

仮にアポロ的なものを明確な形象を志向する彫刻等の造形芸術とするなら

デュオニソス的なものは不定形な混沌としたカオス的なもの、

言い換えるなら激情・陶酔・狂乱をイメージし、

私たちの心をゆさぶる音楽はまさに

その典型とニーチェは言います



それは芸術論にとどまらす

アポロ的なものを社会の秩序、調和と均衡、

いわゆる人間が作りだす理性の産物と位置づけ

そのアンチテーゼとしてディオニソス的なものを見いだし

ニーチェはその重要性を主張します

そして、ソクラテスから始まるアポロ的なものに塗り固まった

西洋哲学の流れを否定し

ニーチェ独自の思想が誕生していくのです



今日の私たちにしてみると、ニーチェの書物はしらなくとも

私達の心の奥底には理性では推し量れない

混沌としたカオスが存在していることは誰もが知っています

そして私達は無意識のうちにディオニソス的なものを渇望し

日常的に音楽を聞いたり、

音楽を聴きながら踊ったりすることで、

心の衝動を生みだしています



まさに音楽は、現代人にとって欠かせない

心の常備薬となっているのかもしれません



だって、こうしていると皆さま、

二十歳は若返って見えますもんね!








ブログトップへ

カテゴリ
アーカイブ