ブログ~和スタッフからのNEWS~

4月の陶芸教室

2019.04.08 陶芸教室




今回は、だるまさんを作成されました。

縁起物として喜ばれる、ダルマ!  





最初は、粘土を柔らかくしていきます。






8等分に分けて丸めて、楕円形に潰していきます。





さあ! だるまの形を作ります。

丸めた新聞紙に潰した粘土をくっつけて、形を整えて行きます。




どんな、だるまさんができるでしょうか?





指先を使って整えましょう。














いよいよ! 顔いれです。

どんな顔にしようかしら?  





すてきなだるまが出来上がりました。

縁起物として喜ばれる置物。  その年の恵方に向けると望ましいみたいです。


   担当        ノッポ

3月の陶芸教室

2019.03.11 陶芸教室



今月の陶芸教室はお湯呑み作りです。

どっしりとした飲み心地の良いものを作りたいですね。

縁起の良い言葉が書いてありますね。

では早速作っていきます。





まず、円筒にこねた粘土を切っていきます。

それにしても、綺麗に出来てますね。

切るのがもったいない位ですね





棒状や筒状にこねたりと、皆さん本当に真剣そのもの

頑張って頑張って、手先の運動も兼ねてよいしょ、よいしょ





先生のアドバイスで、指の腹でこのように伸ばしていきます。

根気よくやれば、平になるのですよ



こちらは、んー日向(ひゅうが!?)何なにっと読むのでしょうか!?

お好きな言葉など書いていただきます。





ほぉー、いい出来栄え

さあ、仕上げといきましょうか




形を整えたら、中も削っていきましょう




完成でーす。素晴らしい出来栄えです。

こちらは一期一会でしょうか

このお湯呑みで至福の一杯を飲んだら格別でしょうね。




出来栄えにご満悦

思わず笑みがこぼれます。

また一つ、宝物が増えましたね。

焼き上がりが楽しみです。

文責:古谷



2月の陶芸教室

2019.02.11 陶芸教室





東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 
  主なしとて 春な忘れそ

爽やかな梅の香りに包まれて今回の陶芸教室がスタートしました(*´▽`*)








まずは先生の作られたお手本を確認。

「わ~。こげなとが作れるとかいな」

思わず感嘆のため息が。。。








先生の説明を一言も聞き漏らさないよう、皆さま真剣です‼







土をこねて、8等分に。

これは皆さま、毎回やっている工程ですので、お手の物です(*´▽`*)








型に合わせて広げていきましょう。

隙間ができないように集中・集中!








型紙に合わせて、梅の形にかたどっていきます。

おっ!今回は2つ作られるんですね♪








歪みがでないようにローラーを使って、平らに平らに。。

今回、初挑戦のIさま。

なかなかの手さばきです(#^.^#)








陶芸教室を毎月楽しみにしてくださっているNさま。

「こんなんできんよ」とおっしゃいながらも、見事な指使いで作品を作られます( *´艸`)








2月~4月に白やピンクのかわいらしい花を咲かせる梅の花。

冒頭にご紹介した「飛梅」の詩。

太宰府天満宮の飛梅は他の梅より先駆けて咲くといわれています。








「桃の花も桜の花もキレイだけど、梅も私みたいにかわいいわよね~」

心も弾みながら、作品を作ります(//∇//)








ちょっと難しいところもどうぞご安心を!

先生が優しく教えてくださいました(*^^)v








いかがでしょうか。

素敵な作品ができました‼

このあと、先生がご自宅へ持ち帰り、窯で焼きあげてくださいます。

完成は1ヶ月後。楽しみですね♪


男性にも女性にも人気のサークル活動「陶芸教室」は

毎月1回月曜日に開催されています。

皆さまもぜひ参加されてみませんか?


文責:マシンガンK


12月の陶芸教室

2018.12.09 陶芸教室



もうー、幾つ寝るとー、お正月

いよいよ、今年最後の陶芸教室です。


今回の作品は、来年の干支のイノシシの土鈴を作成しました。



皆さん真剣に、先生の説明に耳を傾けていらっしゃいます。

牙が難しそうね~、牙がなかったら、ぶたに見えるかも~だって

ぶたって、十二支にあったかしら~なんて





まずは、粘土を等分に分けていきます。

何だかおいしそうに見えるのは、私だけでしょうか!?





先生の手ほどきを、受けながら、形作っていきます。




よーく、捏ねてくださいね。

ひび割れの無いように、なめらかにね





いつも何事も真剣に取り組まれるOさんです。

見事な作品を作られています。





あーっ、食べちゃだめーendurance

思わず食べちゃいたくなりますが・・・・

本当に黒糖パンに、そっくりですね






なかなかいい形に、仕上がってますね

出来上がりに、期待できますね




ほら~出来た♡

来年の縁起もんやー


どこに飾るかは、まだわからんっと



あははっー、前からみたら、やっぱりぶたやー

いえ、立派ないのししですよ。

いつも明るいHさま、周りを和ませてくださいます。

うぞ、来年も幸多き年でありますようにお祈りいたします。

文責:古谷


クリスマスツリー作り

2018.11.12 陶芸教室



今月も楽しい人気の陶芸教室の日がやってきました。

トップの写真はHさんと11月に入社した職員のMさんです




今月の陶芸はクリスマスツリーです。

街では、既にイルミネーションがきらきら輝きクリスマスムードに包まれていますね




こちらは、コネコネ真っ只中の、Tさんと、Oさん

丸く丸く粘土をこねて、あらっ、とても美味しそうなお団子の様にできましたね

Oさんの視線が・・・・

あっ、Oさん食べられないですよ~(笑)






とても手先の器用な、Oさん.

こんなの、チョチョイのチョイ

いつも手際良く、作成されます。





棒状や、丸などに分けた粘土を、型に沿っていく作業をされています。




Kさんも、指で丁寧に丁寧に伸ばしていかれます。

今の作成過程では、どんな風にできるのか、想像できないですが、

これからが、まさにミラクルですF9A9





形成した粘土に、ツリーをデコレーションしたように、模様をつけていきます。

細かい作業を集中して取り組まれています。頑張って~





ひと足お先に、こんなの出来ました~

クリスマスツリーの完成です。

これを、先生の窯で焼いて頂くと、ツヤツヤのツリーの完成です。
.
皆さん焼き上がりをお楽しみに

どこに飾ろうか、ワクワクしますね

ちょっと早めの、
merry Xmas

文責:古谷

ブログトップへ

カテゴリ
アーカイブ