HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

日常の一コマ

4月総集編

2015.04.30



2月は逃げる・・・3月は去るとはよく申しましたもので・・・
と言っているうちに4月も過ぎてしまいました。

同じ過ちを繰り返してしまったことを陳謝致しながら・・・
再び総集編として報告させて頂きます。



cool 4月2日  1番ホール


ご存知S&Uコンビ、気候もよくなり今日から
二階の芝生を使いゴルフ練習です。

 

遊んでいるように見えますが、そうではありません。
芝生という不整地の上で動作や移動すること自体が
バランス障害や麻痺があるお二人にとっては
とても難しいことなのです。


予期せぬギャラリーの登場に手元がくるうこともありますが・・・



さぁfire炎の18番勝負のスタートです。




ladybird 4月7日  チーム園芸始動


チーム園芸の二年目が幕を開けました。
花壇と畑に植える苗を買いに行き、植えていきます。



 


季節の花に加え、きゅうり、とまと、なす、ゴーヤを購入。
さっそく土と触れ合います。




 
 


 


土に根を下ろし風と共に生きよう
種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう

いつの時代にもどんな場所でも
人は土から離れては生きられない

そんなことを感じながら、この場所で
土と触れ合う機会を提供し続けたい
と考えております。



cool 4月21日25日  2番・3番ホール


 

本日も晴天なり。今日の軍配はU氏に。

 

錬カントリークラブ、キャディにナースのホールあり。
アプローチ対決、ドローにて終了。




日常の一コマ

3月総集編 

2015.04.01



2月は逃げる・・・3月は去るとはよく申しましたもので・・・
あっという間に時は過ぎてしまい、情報発信が遅れたことを
陳謝致しながら・・・総集編として報告させて頂きます。



 



〇 3月3日 御内裏様降臨・・・


某デイサービスセンターNさんではお馴染みの光景が
当デイケアにてついに解禁されました。




  



受け入れられるかどうか心配ではありましたが・・・
皆さまの反応は温かく・・・おおむね市民権を得たのではないか
と感じました。








さげもんの飾りを皆さまで作成頂き、
手指の巧緻動作を通して脳への賦活も加えていきます。

市民権を得たとはいえ、近距離ではやはり
関わりたくないといった反応でしたが・・・









最後は一筆加えて頂き、晴れの姿となりました。








皆さまの寛大な心に感謝しつつ、ひな祭りの行事も大団円のうちに
幕を閉じました。








〇 3月20日 時は流れて・・・




当施設では要支援の方々のご利用時間は
9:45~11:15までの1時間半となっております。


曜日によってご利用者様の層も様々であり
時には女子会の様相を呈する日もあります。





話しが盛り上がりすぎて
プログラムが予定通り進まないこともしばしば・・・






そんな中、Tさんがこんな句を読まれました。


「父親も今なら も少し生きたりか

          リハビリしている 翁を見るたび」


父親が亡くなる前、家で何もすることなく
過ごされていたとのこと。その頃にこのような場所があれば
父の晩年も違うものになっていたのではないか・・・。
そんな思いを語られました。





「父が大好きだった」と話されるTさん。

亡き父君への思いを拝聴するとき
時間が逆戻りし、Tさんの表情は幼子のようにキラキラされます。




1時間半の短い時間ではありますが
それぞれの人生で胸の中にある変わらぬ思いにも
耳を傾けながら、これからも日々を紡いで参ります。





〇 3月31日 花は桜木 男は花道


また花見の季節となり今年も中ノ島公園へ
桜を見に行ってまいりました。





デイケアで外出レクをすることに違和感をおぼえる方も
おられるかもしれませんが、心が動かなければ体も動かないように
桜を見ることで季節を感じ、様々な風が心に吹くのであれば
それもひとつのリハビリと言えるのでないかと考えております。





いつの日か病室で見た窓越しの桜を今はこうして
風を感じ、地に足をつけ、眼前にすることができる。

あたりまえの暮らしの中では感じ得ない
日々がそこにはあります。


 


さくら舞い散る中に 忘れた記憶と甘い香り戻ってくる
吹きやまない春の風も あの頃のままに





今年のサクラは皆さまの心に何を届けてくれたのでしょうか。
変わらず桜舞う季節に集い、たわいもない話ができたことに感謝しつつ
また来年も花が咲くように、これからも皆さまの心に華が咲くよう
人生を生き抜くお手伝いをさせて頂きたいと考えております。



 

すべての記事一覧へ

このページのTOPへ