ブログ~スタッフからのお知らせ~

認知症Q&A

家から出たがらない

2020.09.30

Q.外出好きだったのに、家に閉じこもるようになってしまったのですが、認知症が原因?



A.認知症だけが原因とは限りません。幾つかの要因が絡み合い、「外に出られない」「出たくない」になっているのではないでしょうか?
加齢に伴う体力低下や病気などにより身体が自由に動かない(麻痺がある)等の身体的要因
外出時に転倒や失禁してしまうのではないか。人から見られたくない等の心理的要因
近所に友達や知人がいない。外出するのに階段や坂道がある等社会的・環境的要因
特に「人から見られたくない」と言う心理的要因は、認知症の初期~中期の自己の葛藤期に見られる事があります。これまで出来ていた事が少しづつ出来なくなり厳格だった人程、「こんな姿を人に見られたくない」と言う気持ちが強く表れたり、外出先での失敗がトラウマとなる事があります。
また、ご家族が「外に出すと迷子になって困る」と外出を制限する事で、外出への意欲が低下する事もあります。

確かに認知症では、外出はしたが家への道が判らなくなり、迷子になる事もあります。
(私は徘徊と言う表現が好きではありませんが、世に言う徘徊です。)
単に散歩に誘うのではなく、買い物や病院受診、お墓参り等の外出する目的を作り、ご家族などが一緒に外出するようにしてみてはどうでしょうか?



リハビリ

手の運動

2020.09.30


いつまでもご自分で美味しくお食事して頂きたいとの思いは、私達職員もそうですが、ご家族様そしてご本人様も願われている事だと思います。もちろん、必要に応じて食事介助も致しますが、なるべくご自分で食べて頂いたほうがお食事の味も美味しく感じて頂けると思います。


大豆をお箸でつまみお椀に入れるというリハビリです。細かな作業になりますが熱心に取り組まれています。




リハビリの先生がこんなものを作って下さいました!真ん中はピンセットを使用し、細かなものでもつまみやすいお箸へ変身です!大豆の次は小豆にチャレンジしてもようと思います!

リハビリ

マッサージ☆

2020.09.28


車いすとベッドでほぼ1日過ごされる事が多いW様。今日は首の筋肉の緊張が強く、いつもよりほんの少し表情がかたく感じました。そんな小さな変化も見逃さず、W様の首の緊張をほぐすマッサージを行うナース。その後肩を温めるリハビリを行いました。来所時は姿勢も傾きお辛そうでしたが、ナースのマッサージ後はリラックスした表情でお過ごし頂けました。


「気持ちよさそう~♪私もしてほしい~」と職員さんが羨ましがっています(笑)「はいはい!お仕事に集中してくださいね~!」


来所時は目を閉じていらっしゃいましたが、マッサージ後はパッチリ開いて清々しい表情をされています。


ご利用者様の変化に気付き迅速に対応できるデイを目指しています。

すべての記事一覧へ

  • デイサービスのトップへ戻る
  • ブログトップへ戻る

施設案内 パノラマ映像

光竹会グループ
医療法人 光竹会
介護事業
住宅型有料老人ホーム グランドG-1
ヘルパーステーション
デイケアセンター錬
デイサービスセンター和
医療事業
ごう脳神経外科クリニック
大橋 ごう脳神経外科・脳神経内科クリニック
平尾ごう脳神経外科クリニック

このページのTOPへ