HOME > 脳卒中とは

脳卒中とは

脳卒中は大きく 「脳梗塞」 「脳出血」 「くも膜下出血」 に分けられますが、日本では、患者のうち4分の3を 「脳梗塞」 が占めています。

脳卒中とは、脳の血管が詰まり血液が流れなくなったり、血管が破れ出血をおこし脳細胞が死んでしまうという恐ろしい病気です。最近では医学の進歩で少しずつ死亡率は減ってきていますが有病率は減っておらず、重い後遺症を残し寝たきりの原因疾患として大きな割合をしめています。

脳血管の詰まりが原因でおこる脳梗塞

ラクナ梗塞

細い血管が詰まっておこる脳梗塞

高血圧の人に多く、脳の細い血管が詰まっておこります。

アテローム血栓性脳梗症

太い血管が動脈硬化をおこして細くなったり、詰まったりしておこる脳梗塞

生活習慣病の糖尿病、高血圧、高脂血症によって脳の太い動脈や頚動脈に動脈硬化が生じておこります。

脳塞栓症

心臓や太い血管にできた血栓(血の固まり)が流れてきて、太い血管が詰まっておこる脳梗塞

心原性脳塞栓症は不整脈や心臓弁膜症のため、心臓内にできた血栓が血流に乗って脳の血管をふさいだ時に突然おこります。

脳血管の詰まりが原因でおこる脳梗塞

くも膜下出血:太い血管にできた動脈瘤が破裂して出血がおこる、脳出血:比較的細い血管から出血がおこる

脳卒中の原因

脳卒中を引き起こす原因には生活習慣によるものと、他の病状・病気によるものがあります。

【生活習慣】
・喫煙 ・お酒の飲みすぎ ・肥満 ・ストレス ・運動不足
【病状・病気】
・高血圧 ・高脂血症 ・糖尿病 ・心臓病

脳卒中になる原因をよく理解し、普段の生活習慣を見直しましょう。
脳卒中の原因となる高血圧や動脈硬化は、程度が進むと色々な症状を表します。
気がかりな自覚症状があれば迷わず専門医の診察を受けましょう。

脳卒中の予防法は?

まず高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を予防することです。

  • 1、規則正しい生活をして、ストレスや疲労を翌日に持ち越さないこと。
  • 2、適度の運動、水分を十分にとり、暴飲、暴食、喫煙を避けること。
  • 3、体質に応じて塩分やコレステロールの多い食事を避け、バランスの取れた生活をするこが大切です。

脳梗塞の恐い後遺症

糖尿病、高血圧、高脂血症は要注意です。
脳梗塞を引き起こす危険因子に高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病があります。生活習慣病にならない生活が重要です。
すでにこれらの病気の方は医師の指導を良く聞いて、より良いコントロール状態を維持するよう心がけてください。
また日頃から身近の脳神経外科の所在を調べておき、万一の際や心配な症状が出た時は可能な限り早期に受診して相談することが大切です

病院ご案内

医療法人 光竹会
ごう脳神経外科クリニック
〒811-1244
福岡県筑紫郡那珂川町山田1150-1
【診療科目】
  • 脳神経外科
  • 呼吸器科
  • リハビリテーション科
【お問い合わせ】
TEL:092-951-5219 FAX:092-953-5229
【診療時間】
平日:
8:30~12:00
14:00~18:00
土曜:
8:30~12:00
休診日:
日曜日・祝日
※受付は終了30分前迄となります。
光竹会グループ
医療法人 光竹会
医療事業
大橋 ごう脳神経外科・神経内科クリニック
平尾ごう脳神経外科クリニック
介護事業
住宅型有料老人ホーム グランドG-1
デイサービスセンター
ヘルパーステーション
デイケアセンター錬
デイサービスセンター和

このページのTOPへ